日本酒の選び方

日本酒の選び方のページ

サッカー見ながら酒を飲む
葉ライン葉ライン葉ライン
スポンサードリンク
HOME>日本酒の選び方
contents

日本酒の選び方


日本酒を買いに酒屋さんに行くと、あまりの種類の多さにどれを買っていいか迷うと思います。

そこで私なりの日本酒の選び方を書いてみます。

まず日本酒の選び方のコツは、良い酒屋さんを見つけることです。

酒屋さんと言っても小さな小売店、日本酒専門店、大手デパート、最近はコンビニなどでも売っていますが、

第1条件はお酒の保存状態がしっかりしている所でなければいけません。

お酒によってまちまちですが、15℃で保存すると550日ぐらいもつものでも、35℃だと30日ぐらいしかもちません。

あと直射日光や蛍光灯の光もダメなので、むき出しで並べている所もだめです。

第2条件はお酒に詳しい店員さんの居るお店がいいです、お酒を売っているのにあまりお酒の事を知らないお店がけっこうあります。


紫星とりあえず飲みくらべてみる

良い酒屋さんが見つかったら店員さんのお勧めを小びんで2、3種類買ってみてください。

最初はあまり高くない本醸造酒でいいと思います、そして飲むときは2種類で飲みくらべてみる。

ここで大切なのは、本醸造酒なら本醸造酒と吟醸酒なら吟醸酒とくべてください。

そうするとなんとなく「甘味」「酸味」「苦味」「旨味」の違いがわかってきて面白いです。

次にお店に行ったときに感想と希望を言って、また店員さんのお勧めを買ってくる。

何回か繰り返しているうちに自分の好みも見えてきて「これは美味い」という自分に合ったお酒に出会えるはずです。

紫星地酒に挑戦

最近はネットで簡単に地酒が手に入る様になってきました、その分ありがたみは薄れましたが便利な事はいいことです。

検索するとものすごい種類の地酒が見つかって、さながら気分は宝捜しをしているみたいでワクワクしてきます、

中には「きき酒セット」なんてのもありまして、大吟醸などは一升瓶じゃ買うのになかなか勇気がいりますが、これなら気軽に楽しめます。


紫星良いお酒の見分け方

気に入ったお酒を何種類か用意してそれぞれコップ半分ぐらい入れます、

少しずつお水で薄めていきながら飲み比べていき最後まで水っぽくならずに、

ちゃんとお酒の味がするお酒が造りのしっかりした良いお酒です、

ただ日本酒の「良し悪し」と「美味い不味い」は別の話ですけど。
サッカー
日本酒
どうでもいい話
HOME
Copyright (C) サッカー見ながら酒を飲む All Rights Reserved