サッカーのルール

サッカーのルールのページ

サッカー見ながら酒を飲む
葉ライン葉ライン葉ライン
スポンサードリンク
HOMEサッカーのルールは超簡単
contents

サッカーのルールは超簡単


サッカーのルールは、まず原則的なルールとして、グラウンドの広さ、ボールの大きさ、などが決まっています。あと11人対11人で試合を始める、ペナルティエリア内のキーパー以外は手を使ってはいけないなどありますが、ここではプレイ中のサッカーのルールを説明したいと思います。
紫星相手を殴ったり、蹴っ飛ばしたりしてはいけない。

サッカーは格闘技では無いので、当然、相手を殴ったり、蹴っ飛ばしたりしてはいけません。審判に見つかると、イエローカードをもらったり、一発退場になったりします。

とはいえ、ボールを奪い合うスポーツなので、体と体がぶつかり合うのは当たり前です、ファールを恐れてボールを譲り合っていてはゲームになりません、審判に見つからなければ殴ってもいいし、蹴ってもいいんです。

わざと相手の足を蹴っておいてとぼける選手、蹴られてもいないのに大げさにアピールする選手がいます。このへんの演技も審判に有利な判定をもらうためには必要な技術の一つです。

でもやりすぎると審判に「あいつのは演技だ」という印象を持たれ、それ以降、本当にファールされた時も有利な判定はもらえなくなります。このへんの人と人のかけ引きも、サッカー観戦の面白さのひとつにですね。審判には見つかっていないけど、テレビにはバッチリ映っている事はよくあります。


紫星オフサイド

このオフサイドというルールがサッカーのルール中で唯一わかりにくいルールです。私も最初はこんなルール無ければいいのにと思っていましたが、このルールが無くなると、たぶん単調なロングパスの打ち合いのつまらないサッカーになってしまうでしょう。

オフサイドがあるからこそ、エレガントな現代サッカーがあると言えるでしょう。

オフサイドはひとことで言うと「待ち伏せ禁止」ということです。

ゴールキーパーの前に必ずディフェンダーひとりはがいなければいけないというルールで、言葉で説明するには、まずオフサイドラインを知っていただかないといけません。

オフサイドラインとは、一番後ろにいるディフェンダーを基準に横に引いた線です、なのでこのラインはグランドにひいてある線ではなくて常に前後に動いてます。

攻撃側の人がそのラインより前にいてその人に向かって、プラス方向のパスした瞬間にオフサイドになります。

真横へのパスやマイナス方向のパスをしてもオフサイドではありません。例えばボールをキープしている人がゴールラインまで切り込んでマイナス方向のパスをしてもオフサイドではありません。なんとなく分かって頂けましたでしょうか?

そして今回の国際ルールの改正でオフサイドポジションにいる人がプレイに参加する意思がなければオフサイドではないというルールが、追加され、それによってオフサイドの判定はさらに難しくなりました。


紫星遅延行為

勝っているチームがわざと、ゴールキックやスローイングをなかなかしなかったり、選手交代のとき、ゆっくり歩いて時間かせぎをしたりすることで、すぐにイエローカードが出ます。


紫星シミュレーション

主に攻撃側の選手が相手のペナルティエリア付近で、いかにも相手の選手に倒された様にわざと倒れることで、罰則が厳しくこれもいきなりイエローカードが出ます。


プレイ中の反則はこれぐらい知っていれば十分です。
ねっ簡単でしょう、あとは実際にサッカー観戦を楽しみましょう。

サッカー
日本酒
どうでもいい話
HOME
Copyright (C) サッカー見ながら酒を飲む All Rights Reserved